フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
オンライン英会話「hanaso(ハナソ)」を体験してみた。
先日、吉原商店街のカフェプレアーテでオンライン英会話「hanaso」の体験会があったので参加しました。

「hanaso」は、富士市石坂に本社があるソフトウェア会社「建設システム」が新規事業としてはじめたオンライン英会話事業です。
(参照:オンラインで英語を学ぶ!|f-Biz チャレンジ日記




「オンライン英会話」というのは、英語圏の国(多くの場合人件費の安いフィリピン)と無料のテレビ電話「スカイプ」で繋いで、英会話のレッスンをうけるというもの。この日も、実際にフィリピンとスカイプを繋いで、英会話レッスンをおこないました。

今回の講師は、Tinさんという、笑顔が素敵な女性でした。(講師の一覧はこちらでみれます


1レッスンは25分。会話は基本的に教材テキストに沿って進みます。

テキストに載っている想定問答に沿って会話をしながら、そこから広がってフリートークにな感じになっていきます。で、フリートークになると、(こっちの英語力が無さすぎて…)グダグダになってしまうのですが、そうなったら講師がうまく話題を切り上げて、テキストの想定問答に戻ってくれるので、効率よくサクサクっと進みました。会話をしていて解らない単語や文章は、スカイプのチャット機能で文字にして伝えてくれるので、理解しやすかったです。

たった「25分」と思っていたけど、すげーーーー、疲れたーーーっ!!

もう10年くらい英語を勉強してないし、英会話の機会もないので、まったく駄目ですね。言葉がでてこなくてモドカシイです。中学生レベルかも…。自分の英語力の無さにがっかりしました。悔しいっ!

25分間、脳みその普段使ってない箇所に負荷がかかって「きたえられてるなー、これは」という感じがピキピキしました。
1回「25分」というのは短いように思ってましたが丁度いいですね。レッスンが終わってから「あーー、あそこの場面で、こういう風に話せば良かった」などと後から思い出したりします。



この「hanaso」ですが、一番安い「週に2回」のプランが月々3,800円。最も高額な、毎日2レッスン(50分)も喋れるというプランでも、月々9800円とめちゃくちゃ格安です。(料金プランはこちら

自分の喋れなさ加減が悔しかったので、また今度、プレアーテ店員の池野ちゃんと(プレアーテのてくてく日記)、リベンジします!
| 小池よしはる | 英会話 | 13:21 | comments(6) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 12月12日(水)午前10時から一般質問します。
    弥生 (12/12)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    青空園芸 (10/02)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    さてさて (09/06)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    HM (09/05)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/29)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    名無し (08/26)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    青空園芸 (08/19)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/15)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/10)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    さてさて (08/09)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事