フジブログ!!

富士市と富士宮市で活動する小池義治のブログ
レストランビオス
昨年の年末に、ビオファームまつきの松木一浩さんの新しいレストラン、「レストランビオス」に行ってきました。


レストランビオスは、芝川町の大鹿窪にあります。西富士宮駅からチサンカントリークラブの中を通る道(静岡県道182号三沢富士宮線)を抜けて、あー、山奥に来たなーっていう感じのところにあります。余談ですが、この県道182号、対向車とすれ違うときは待機しなくてはいけない1車線道路で、細くて暗くてクネクネしていて・・・、合併を機になんとか改良できないのかなと思ってしまいます。



料理は、有機野菜の素材を生かしたものが中心です。味はもちろん抜群に美味しいですし、店内の内装から給仕のサービスまで、すべてに行き届いています。店を一歩でれば真っ暗闇になっている芝川町の田舎で洗練されたフレンチを食べるというアンバランスさに、深い趣きを体感できます。

昨日の静岡新聞でも紹介されてました。
静岡新聞記事より
芝川町で有機農産物の生産などに取り組んでいる「ビオファームまつき」社長の松木一浩さん(47)がこのほど、中山間地域の同町大鹿窪に「レストランビオス」をオープンさせた。松木さんが目標に掲げる「中山間地における有機農業の新しいビジネスモデル」の実現に向け、大きく前進した。
松木さんは世界的に有名な仏料理人ジョエル・ロブションさんの東京店で第一給仕長を務めていた経歴の持ち主。「自分で食べるものは自分で作りたい」と業界を離れ、2000年秋に芝川町で就農した。当初は自給自足を目指したが「なりわいとしての農業の面白さ」に気づき、畑を広げ法人化した。
大規模な農業展開が難しい中山間地域でのビジネスモデルを確立するための一手として、思いついたのがレストラン経営だった。「中山間地で生き残るためには付加価値が必要。農業もベンチャーと同じ。挑戦して成功を勝ち取らなければならない」と決意、何十年も耕作が放棄されていた農地と山林を購入し、その土地の一部にレストランを建てた。

僕が行った日もほぼ満席の盛況でした。芝川町の宝物のような奇跡のレストランです。

レストランビオスは原則予約制です。下記サイトから予約できます、

・ビオファームまつき WEBサイト
http://www.bio-farm.jp/html/newpage.html?code=10
| 小池よしはる | お店 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1010165
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
コメントありがとうございます
  • 静岡県は全国で2番目か3番目に雪が降らない
    名無し (06/02)
  • 私の一般質問は6月24日(金)の午後の2番目
    mochiduki kazunaga (05/04)
  • 私がそれでも富士市に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!毎日、富士山が見られるよ。
    まさみ (04/12)
  • 東海パルプ、明治製紙を子会社化
    昔人 (04/09)
  • 3月8日の午後、一般質問します
    猫舌 (03/21)
  • 「コンパクトシティ政策に異議あり!」 12月7日に一般質問します。
    富士市民 (12/15)
  • 「コンパクトシティ政策に異議あり!」 12月7日に一般質問します。
    おれ (12/03)
  • 新富士駅と富士駅を、接続することは可能なのか?
    政経逆流 (09/17)
  • 富士市内の「ポケモンGO」事情
    澤谷 (08/03)
  • 富士市内の「ポケモンGO」事情
    小池よしはる (08/02)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(38歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

7歳と4歳の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事

カテゴリー

過去の記事