フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
富士市の世論調査にみる「世代間ギャップ」
富士市のホームページに、平成22年度の世論調査「富士市に住んで私はこう思う 〜第五次富士市総合計画に係る市民意識調査〜」が掲載されています。(PDFで全ページダウンロードすると222ページものボリュームです)

「市内に知人を案内し自慢したい場所があるか」という問いに対しては、「どちらかといえば」も含む「そう思わない派」が58%、「まちなかが整備され、便利で快適な都市づくりができていると思いますか」に対しては、「そう思わない派」が68%など、"そうだよな〜、う〜ん"と唸りたくなる結果になっています。

資料には年代別の結果も載っていて、世代間の意識の違いを知ることができて興味深いです。

例えば、子育て環境について。

40代を境に、多数意見が「そう思う派」と「そう思わない派」で入れ替わっています。

つまり、50代・60代・70代「いまの出産・育児環境は充実してるよね」 → (現役で子育てしている)20代・30代「えーっ、そんなことないっすよ!」というギャップがあることが分かります。

他にも「買い物満足度」や、


「市役所の評価」についても、


世代間に大きなギャップがあるのがわかります。20代・30代の多くが富士市の現状に不満足感を持っているのに対し、年配の世代はわりと満足しているという傾向がみられます。

出産・育児の政策なんてのは、実際に子育てをしている世代の意見こそを反映しなければしょうがないのですが、果たしてちゃんと反映されているのでしょうか?

今現在、富士市議会議員は38人いますが、世代別の構成は、次のようになっています。(※1)

20代:0人
30代:0人
40代:3人
50代:14人
60代:18人
70代:4人


平均年齢は61歳。一番若い議員が45歳で20代30代の議員はゼロ。おまけに、市役所の部長職なんて殆どが50代だし、富士市長は64歳なので、「50代・60代の生活実感」=「市民の意見」ということになっているのが現状です。議会や行政に「今までどおりでいいんじゃないの?」という空気が蔓延してるんじゃないかなーと、感じずにはいられません。


この世論調査の「自由意見」というところには興味深い意見が多く載っていたので、これについては、また別のエントリで書きたいと思います。


※1 3年半前の市議会議員選挙時の年齢に4を足して、死去した議員を除き、さらに富士川町補選で当選した3人(全員60代)を足しましたが、誕生日の関係で1人くらい現状とは違っている可能性があります。
| 小池よしはる | 行政・役所関連 | 16:42 | comments(12) | trackbacks(0) |
4月の選挙に出るんですか?
| | 2010/11/17 7:31 PM |
新聞をご覧下さい。
| | 2010/11/17 8:54 PM |
別に今の議員さんたちを擁護するつもりはないのですが、「今までどおりでいいんじゃないの?」とおもって何もしていないのではなく、同世代である50代、60代の要望しか答えていないのではないかと思います.
それでは若い人はやっぱり納得しないですよね。

でも、この調査の結果を見ていないので、無責任な発言かもしれませんが、若い人は満足しているけど、年配の方は満足していないという項目もあるのではないでしょうか?

そういった問題に対して、議会や行政がどのようなアクションを取っているのか。(実は何もしていないのかも知れないけど・・)

若い人からの視点ももちろん重要ですが、そこだけにとらわれずに、そういったことを比較・分析してみることも必要なのではないでしょうか?

そうすれば行政や議会に対する批判・提案も説得力が出てくるとおもいますが・・。
若い人だけの意見を吸い上げるだけなら、今の議員さんとあまり変わらないような気がします。

よけいなおせっかいですいません。


| 1-6-3のダブルプレー | 2010/11/17 11:31 PM |
はい。僕は現在、市政にチャレンジしようと活動しています。

それについては、デリケートな表現が求められる事項でもあるので
しかるべき時に改めてブログ記事として書きたいと思います。
| 小池よしはる | 2010/11/18 12:28 AM |
そうかな…。私は富士市の福祉や町作りはかなり進んでいると思ってますが…。
まあ、三十代の議員が居ないのは良くないよね。
頑張って下さい!



でも何で民主党なんだろ(´・ω・`)。
| たろさん | 2010/11/18 9:51 PM |
観光的に富士宮市より寂れている富士市をなんとかして欲しいなあと思います。

残念なことは民主党公認なのがなあ。
無所属で立候補すれば応援するのに。
| ああああ | 2010/11/19 4:10 AM |
だってお金がないから。
| | 2010/11/19 9:28 PM |
お金が無いんじゃ仕方ないか(笑)。民主党、誰でも立候補させてくれそうだしw。
| | 2010/11/21 8:32 AM |
民主党公認についてですが…。

いろいろ書かれていますが、あっ、お金の問題とかじゃないですよ。
まー、貧乏なことは事実ですが(笑)

公認申請にあたっては、お世話になってる多くの人から様々な
意見を聞いて、正直、僕自身悩みました。政治家として尊敬できる
細野豪志さんと縁あって数年前から知り合って、細野さんの近くで
政治家としての能力を学んで成長したい、また民主党チームとして
タッグを組んで国や県との橋渡し役をつとめ、富士市のために
汗をかいていきたい、そういう思いで民主党公認候補になりました。

直近の選挙や数年のスパンでの損得ではなく、10年先・20年先を
見据えての決断です。

現政権への逆風は、ものすごく強く感じているところでありますが、
自分のできる限りのことを、精一杯頑張っていきたいと思います。
| 小池よしはる | 2010/11/24 11:23 PM |
モナ男かw。口は達者だけどね。
| | 2010/11/24 11:36 PM |
民主党でも自民党でも良いけど、政治を志す以上市民の為に活動してくださいね。
民主党の悪い所は、国民に期待をさせた分失望させた所。
次回は暫く浮いてこられない位、大敗確定でしょう。

小池さんにはそのようなことがないよう、半分期待しています。
まずは議員定数の削減。
何度も議題に上がりますが、議会で却下。
自分で自分の首を絞める議員はいないのでしょうけど、それをやらないと...
| 通りすがりの富士市民 | 2010/11/25 9:21 AM |
>通りすがりの富士市民 様

議員定数、あるいは報酬に関しては様々な議論があります。

これからの時代は、国から地方に予算や権限が移譲されて、議会の責任や役割が大きく
なっていくなかで、単純に定数を減らせば良いというワケにはいかないと思います。
定数を減らすと少数派の意見や過疎地域の意見が反映されにくくなるといったことも
考慮しなくてはいけません。

しかし、僕の考えとしては、他の市町の事例を参考にして、「人口1万人あたりに1人」
くらいまでは、減らしてもいいのではないかと思っています。
26万人の富士市なら26議席(現在39議席)くらいまで減らせる余地があると思います。

そういったことにも今後取り組んでいきたいです。
| 小池よしはる | 2010/12/02 5:24 PM |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074345
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    さてさて (09/06)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    HM (09/05)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/29)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    名無し (08/26)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    青空園芸 (08/19)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/15)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/10)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    さてさて (08/09)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/09)
  • 富士市の小中学校にエアコンを!
    はやぶさ (07/24)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事