フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
富士市が公式ツイッターを開始
富士市が8月上旬から公式ツイッターをはじめて、9月17日から正式運用になりました。



さっそく8月末のゲリラ豪雨や、今度の台風の警報など役に立つ情報を発信しています。

ツイッターをやっている富士市民の方、ぜひフォローして欲しいですし、ツイッターをやっていない方でも、このアドレス http://twitter.com/Fujishi_jp(できれば携帯の)お気に入りに入れておくと、災害の時に役にたつと思います。(あと、RSSリーダーなど使っている人は、フィードを購読もできます。)

ツイッターの導入に関しては、私は6月議会の一般質問の中でも取り上げました。東日本大震災の時、3月11日午後2時46分の本震直後から翌日の朝7時頃まで、富士市のWEBサイトはまったく閲覧できない状態になりました。その後の計画停電の時にも見れなくなりました。これはナゼかというと、富士市のWEBサーバー(サイトの画像や文字情報などが格納されているサーバー)は市役所の消防庁舎4階にあって、ここが停電してしまうと、WEBサイトが見れなくなってしまうんです。現状ではWEBサーバーへのバッテリーや発電機の準備がないそうです。

東北でおきた地震でこんな状態でしたから、東海・東南海地震の時には数日間WEBサイトが見れなくなる可能性が高いです。ということで、まずは無料でできるツイッターを導入したらどうかという提案をしました。

この公式アカウント、災害時には、市の職員が携帯電話などから必要な情報を更新してくれると期待していますし、市民の間でデマ情報が飛び交って収集がつかないときにも、市役所が情報を公式にアナウンスすることは重要だと思います。

さきほど、「東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか」という記事を見ていましたら、震災翌日からは「給水」「配給」「炊き出し」などが、被災地で求められた情報ということです。私も、もし大地震がおこったら、ツイッターやフェイスブックを使って、情報発信していく決意でいますので、私のツイッターやフェイスブックもお気に入りに入れておいてください。

■ツイッター
http://twitter.com/fujiblog
■フェイスブック
http://www.facebook.com/fujiblog
■フェイスブックページ(内容はツイッターと連動させてます)
http://www.facebook.com/yoshiharu77


6月一般質問のツイッターに関するやり取りを下記に貼りつけておきます。他の部分もあわせて、富士市議会 会議録検索システムで読めます。私は、6月議会では前半でNPOに関すること、後半で情報システムについてなど約50分間質問しました。他の議員の質問もおもしろいので、ぜひ読んでみてください。

【小池よしはる】
ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアについてお聞きします。東日本大震災では、ソーシャルメディアが、災害状況の把握、安否情報の確認、避難所情報の提供などに非常に役に立ったというふうに言われております。災害時の情報発信を目的にソーシャルメディアを始める自治体が相次いでおり、特にツイッターに関しては全国でも250を超える自治体や政府の機関が既に開設しております。静岡県内でも、島田市、熱海市、三島市などがツイッターを始めています。このツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを富士市として使う予定はあるのでしょうか。

【市長】
今回の震災においても避難情報の発信に効果を発揮したツイッターやフェイスブック等のソーシャルメディアを使う予定はあるかについてでありますが、現在、本市のインターネットを利用した情報発信は、ウエブサイトとメール配信サービスがあります。ご質問にありますツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアは、岩手県や青森県など東日本大震災の被災地において、地震発生直後の停電する中で、ウエブサイトにかわって情報を発信できたことから、災害時に強い情報発信手段として認識をしております。また、パソコン、携帯電話、スマートフォンで、いつでもどこでも手軽に、かつ迅速に情報を発信したり受信したりすることが可能であります。本市といたしましては、災害時には市民の皆様が情報を得る手段は多ければ多いほど有効だと考えますので、これまでの情報発信手段に加えて、ソーシャルメディアを利用した情報発信について前向きに検討をしてまいります。

【小池よしはる】
ソーシャルメディアについてですけれども、市長の答弁は前向きに検討しますということで、思ったよりも前向きな見解だったというふうに思います。東海地震がいつ来るかわからない現在、ソーシャルメディアを始めるのには予算は必要ありませんから、本当に無料でできますので、すぐにでも始めていただきたいと思います。4月5日に、経済産業省から、国、地方公共団体等公共機関における民間ソーシャルメディアを活用した情報発信についてというプレスリリースが出されました。この中では、『震災対応のような時々刻々と状況が変化する情報を迅速に国民に発信していくためには、ウエブサイトへの情報掲載とともに、民間ソーシャルメディアも積極的に併用していくことが望まれます。このため、経済産業省では、内閣官房、総務省と共同で、国、地方公共団体等公共機関における民間ソーシャルメディアを活用した情報発信についての指針としてまとめました』とあります。この指針を私もウエブサイトで見てみたんですけれども、このサイトは非常に充実していまして、公共機関の方向けのツイッターの開始の手引というような手引書まで載っています。このようなところに注意して、アカウントはこのようにとるというようなマニュアルさえできていますので、ソーシャルメディアが幾つかある中ではやはり先行事例もあるということで、ツイッターが始めやすいかと思いますけれども、ぜひとも近いうちに始めていただきたいなと思います。

【総務部長】
正直言いまして、私はこういうのに弱いものですから、言葉自体がちゃんと言えないような状態でございますけれども、私どもでは、広報広聴課のほうでいろいろ窓口になってこういうことを進めておりますが、ツイッターにつきましては、できれば9月1日の防災訓練なんかに、まず1回、訓練の一環として活用していきたい、そのようなことで、できるだけ早い導入を進めていきたいということで考えています。また、フェイスブックについてもできるだけ早い時期にそういうものも導入していくような検討をしていくということでございます。以上です。

【小池よしはる】
ぜひともこの取り組みを進めていただきたいというふうに思います。
ツイッターなどは、災害時だけ運用するとなると、ふだんなれていませんから、急にやられてもできません。ですから、日常的に市の情報をツイッターで発信していくというのが重要で、その運用をしていくうちに、災害が起きたら災害情報の提供に切りかわって、災害情報を迅速に提供できるということだと思います。ツイッターは携帯電話でも見られますし、ノートパソコンでも見られますし、最近、スマートフォン、iPhoneというのを使っている方が非常に多いですけれども、そういったものでも見られますし、携帯電話からも更新ができます。ですから、災害時に非常に有効だと思いますので、取り組んでいただきたいと思います。
| 小池よしはる | 行政・役所関連 | 00:41 | comments(3) | trackbacks(0) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/10/19 1:17 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/10/19 1:19 AM |
今日、西図書館に行ったら、「かじま祭り」が行われていました。
楽しそうでしたが、会場がやや手狭な感じでした。
| f1 | 2011/10/23 7:13 PM |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074379
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    さてさて (09/06)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    HM (09/05)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/29)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    名無し (08/26)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    青空園芸 (08/19)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/15)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/10)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    さてさて (08/09)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/09)
  • 富士市の小中学校にエアコンを!
    はやぶさ (07/24)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事