フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
富士市でも減り続ける子供の人口
前回のエントリの続編的な感じなんですが、今日はこどもの日ということで、富士市の人口構成について少し書いてみます。
読売新聞記事より
5日の「こどもの日」にあわせ、総務省が4日発表した15歳未満の子供の推計人口(4月1日現在)は、前年比12万人減の1665万人となった。比較可能な1950年以降、子供の数の減少は31年連続で、最少記録も更新した。総人口(1億2765万人)に占める子供の割合も、前年比0・1ポイント減の13・0%と38年連続で低下し、少子化の進行に歯止めは掛かっていない。

こどもが1年間で12万人も減少したというのは、改めて考えてみるとすごい現実です。その総務省の発表の元データは、↓こちらにあります。

・統計局ホームページ/統計トピックスNo.59/我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- (「人口推計」から)
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi590.htm

これによりますと、「人口に占めるこどもの割合」ですが、静岡県は全国で高い方から15番目で13.5%です。
で、富士市はどうだろうと思って、富士市の年齢別人口表から計算してみましたが、14.2%でした。 日本の平均、静岡の平均よりも若干ですが割合が高いことが分かりました。

その富士市の年齢別人口表を、ちょっと色を塗って、ブログに貼りやすく並べ替えてみたのが次の表です。(濃い赤が2500人未満・薄い赤が2500人〜2999人、色なしが3000人〜3499人、薄い青が3500人〜3999人、濃い青が4000人以上)



この表は、その年齢に何人の富士市民がいるかを表しています。私の年齢・34歳の同級の富士市民は3,434人ということです。

これをみると、今の0歳児(2,153人)は、64歳(4,469人)の半分以下。0歳児よりも、77歳(2,260)のほうが多いなんてことが分かります。
エクセルでグラフにしてみると、↓こんな感じです。

この10数年は極端な出生数の減少はなく横ばいで推移してきましたが、ここは第二次ベビーブーム世代(1971年から1974年生まれくらい)が出産適齢期を迎える「第三次ベビーブーム」があるのではないかと思われていた(実際にはなかった)時期でした。数年後には第二次ベビーブーム世代が出産の時期期を終えようとしていますので、今後は2000人を切って推移するのが確実と思われます。

あと、少子化問題を考える上で重要視される指標が「出生率」です。富士市はいったいどのくらいなんだろうと思って調べてみたら、厚生労働省のサイトに市町村別のデータがありました。そのデータによると次のようになっています。
全国:1.31
静岡県:1.44
富士市:1.55

子育て政策が充実しているといわれる長泉町は1.70です。富士市は、全国の水準よりも高いものの、「日本一子育てしやすいまち」を目指している成果としては、もっと高い数値が望まれるのではないでしょうか。

私は、まちの活力を維持し、持続可能な社会を作っていくためには「少子化」は食い止めなくてはいけない重要な課題だと思います。もちろん、子どもを持つ・持たないというのは、個人の様々な事情や考え方によりますが、少なくとも「経済的な理由で子ども持ちたかったけど諦めた」というケースを最小限にする努力は、行政としてもっともっと取り組んでいくべきだと考えています。そうでなければ、我が国の未来はないとさえ思います。

そんな想いを持って、いろんな場面で子育て政策の充実を訴えているんですが、そうすると年配の方から、「今の若いやつなんて子育て環境に恵まれすぎてる。甘えてる。」なんてことを言われたりします。そんなことはないと思います。私たち子育て世代は、不安定な雇用形態の人も多いですし、賃金があがらないまま厳しい家計をやり繰りしながらも、一生懸命子育てをしている方がたくさんいます。社会全体で子育てを応援していく施策が必要だと感じます。

いかに今の20代・30代が厳しい状況にあるか…。

保有する金融資産(預貯金・保険・有価証券など)は、全体の1割以下ですし、

負債(住宅ローンなど)を考慮に入れると、負債の方が多く、(以上、Garbagenews.comより

生涯の年金収支は、2000万円くらいのマイナスですし、(↓報道ステーションの画面より)

人口構成的に見て「逃げ切れない世代」かと…。(↓ワールドビジネスサテライトの画面より)


連休明けから「社会保障と税の一体改革」が大きな話題になると思います。
激増する年金や医療などの社会保障のコストを、どの世代でどうやって負担していくか、しっかりと冷静に考えていきたいと思います。
| 小池よしはる | 富士市議会 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
今22歳で社会人として働いていますが、はっきり言って年金や税金等々払いたくないですね。日本はまだまだ年功序列の社会で、若い自分は、少ない給料・ボーナスです。ですから全員とは言わなくても、図を見ても分かるように、お金を持った年配の方々のために、お金を納める気にはなれません。お金を持ってる年配には年金の給付をやめたりして、子供の生みやすい環境を整える少子化対策の方が、消費税上げるより先だと思うんですけどね。
| 渕っ子 | 2012/05/07 9:28 PM |
社会保障のコストは,今までの借金を100年くらいかけて返済すること(消費税からの返済を含む),賦課方式から積立方式へと変更すること,を内容とする案で行くべきでしょう。
これができないとたぶん,日本は破綻します。

正直自分よりも下の世代にもツケを払わせるのは心苦しいところですが,持続可能な制度にするためには,やむを得ないでしょう。自分たちも下の世代と同じだけ負担するから,我慢して下さいということしか言えないところが悲しいですが(それでも消費税を負担する期間が短いので,下の世代よりは負担が軽いのですが)。
上の世代がしてきたように,自分たちはもらえるものをもらっておいて,負担だけを下の世代に丸投げすることはもう出来ません。
出来れば老人世代は,社会保障として受け取ったお金を寄付など何らかの形で返して欲しいです。

富士市でどのような子育て支援をしているのか,わかりませんが,出産後の妊婦・子供の諸検査や,出産後の収入確保の援助等が出来ればよいかなあと思います。あとは,高校や大学の奨学金を市がある程度用意するとか(既にあるのでしたら,拡充する)。
財源は,足りなければ敬老事業を減らして,そこから取るのが良いかなあと思います。

まあ,実際には老人からお金を巻き上げようとすると反発を食らうし,選挙で落選しますから,現実的には老人の自尊心を満足させる方法で老人世代→若い世代にお金が流れる方法をもっと考える必要があります。
| なおき | 2012/05/20 10:32 AM |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074392
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
コメントありがとうございます
  • 海抜ゼロメートルから富士山の山頂まで、「富士山登山ルート3776」を使って登ってきました
    みゅう (08/02)
  • 静岡県は全国で2番目か3番目に雪が降らない
    名無し (06/02)
  • 私の一般質問は6月24日(金)の午後の2番目
    mochiduki kazunaga (05/04)
  • 私がそれでも富士市に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!毎日、富士山が見られるよ。
    まさみ (04/12)
  • 東海パルプ、明治製紙を子会社化
    昔人 (04/09)
  • 3月8日の午後、一般質問します
    猫舌 (03/21)
  • 「コンパクトシティ政策に異議あり!」 12月7日に一般質問します。
    富士市民 (12/15)
  • 「コンパクトシティ政策に異議あり!」 12月7日に一般質問します。
    おれ (12/03)
  • 新富士駅と富士駅を、接続することは可能なのか?
    政経逆流 (09/17)
  • 富士市議会は、安保法制の慎重審議を求める意見書を全会一致で採択
    小池よしはる (01/26)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事

カテゴリー

過去の記事