フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
富士市議会ではじめて「政策討論会」が行われました
11月6日に富士市議会ではじめての政策討論会が開催されました。
「田子の浦港の土砂浚渫の恒久対策について」というテーマで議員が集まり議論しました。




4年前にできた富士市議会基本条例では、第13条に「政策討論会を開催します」とありますが、これまで政策討論会が開催されたことは一度もありませんでした。



私は政策について議員間で自由討議する場がもっと必要と感じていたので、私の所属する会派・民主ネットで相談し、規則にしたがって会派として申出書を提出しました。

今回の政策討論会は、(静岡新聞の記事では否定的に書かれたりしていましたが…)私は意義ある「第一歩」だったと感じました。議員それぞれが意見をいうことで共通認識が醸成されたと思います。これからも必要であれば様々なテーマで政策討論会を開催するように動いていきたいです。議会が活性化すれば、市政が良くなって市民生活が良くなります。これからも議会改革に取り組んでいきます。


---
さて、今回議論となった田子の浦港についてですが、河川が流れこむ場所を掘り込んで作った港なので、河川から土砂が常に流入しています。そのため、永久的に掘り続けなければいけなくて、富士市も毎年数億円を負担しています。そして、その土砂の処分先も問題になります。

田子の浦港管理事務所ウエブサイトより。


特に「これだ!」という解決策は今のところありませんが、今回の政策討論会でも様々な意見がだされたので、それぞれについて検討し、なんとか恒久的な対策を目指したいと思います。
| 小池よしはる | 富士市議会 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074448
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 無理だし危険な「コンパクトシティ」より、目指すべきは「コンパクト市役所」では
    パリストン (05/31)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    与太郎 (04/21)
  • 富士まつりのディズニーパレード、市民の負担は「960万円」の警備費
    与太郎 (04/12)
  • 588万円の公費をかけた富士市のフェイスブックページが終了
    bird (03/27)
  • 588万円の公費をかけた富士市のフェイスブックページが終了
    富士市民 (03/27)
  • なぜ富士市長選挙は、いつも年末にやるのか?
    小池よしはる (01/10)
  • なぜ富士市長選挙は、いつも年末にやるのか?
    林 (12/25)
  • 海抜ゼロメートルから富士山の山頂まで、「富士山登山ルート3776」を使って登ってきました
    みゅう (08/02)
  • 静岡県は全国で2番目か3番目に雪が降らない
    名無し (06/02)
  • 私の一般質問は6月24日(金)の午後の2番目
    mochiduki kazunaga (05/04)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事