フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
富士市議会11月定例会 私の一般質問は12月9日(火)13時から
ブログの更新頻度が低くて申し訳ありません(日常のあれこれはfacebookに書いています)。猛烈に忙しいです…(泣)

いよいよ衆院選がはじまりました。国政への要望を国会議員に代わってお聞きしたり、各種政策の説明をしたりすることも地方議員の重要な役割の一つですので、衆院選の選挙活動は当然やります。…が、優先順位の第一番目は市議会の活動です。11月定例会の真っ最中ですので、しっかりと全力でやります!

今回、一般質問には23人が登壇します。初当選以来、すべての定例会で一般質問していますが今回も発言通告しています。

私の日時は、12月9日(火)13時から14時までです。
下記の2項目を通告しています。

1.乳幼児のメディア漬け(テレビやスマートフォンなど電子映像メディアの長時間視聴)を防止する対策について

現代の子供の多く、特に乳幼児が、テレビやスマートフォンなど電子映像メディアを長時間視聴してしまう「メディア漬け」と言える現状は、子供の心身の発達に悪影響を及ぼす可能性があると、医学的見地からも指摘されている。
日本小児科医会は2004年に、『「子どもとメディア」の問題に対する提言』として、「2 歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう」「授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴は止めましょう」「すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1 日 2 時間までを目安と考えます。テレビゲームは1日 30 分までを目安と考えます」「子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パーソナルコンピューターを置かないようにしましょう」「保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールをつくりましょう」という5つの具体的な提言をしている。
この数年の間にスマートフォンやタブレット端末が急速に普及し、子供のメディア漬けの状況は進行しており、当市においてもアウトメディア(電子映像メディアに接する時間を減らすこと)の啓発強化が必要性ではないだろうか。以下質問する。
1.当市において、乳幼児の親に対してアウトメディアの啓発を行った実績はあるか。
2.他市において、「アウトメディア宣言」(埼玉県蕨市)をしたり、条例を制定(例:広島市「青少年と電子メディアとの健全な関係づくりに関する条例」など)したりするなどの取組みもみられる。当市においても、市が主体となりアウトメディアの啓発活動ができないか。

2.市内の映画館の復活に向けた取り組みについて

2010(平成22)年に、富士駅北口近くにあった映画館が閉館して以来、富士市内には映画館が一館も無い状況が続いている。まちに映画館がないことは、富士市の文化的魅力を低下させているであろう。
 2013年に公表された都市活力再生ビジョンには、取組29・「中心市街地への映画館等の誘致」が掲載され、取組内容としては「誘致活動の展開に向けた基礎調査」「立地奨励金の創設」の2つがあげられた。しかし先日示された都市活力再生ビジョンの見直し案の中では、項目名が「中心市街地における映画に関する活動等の支援」に変更、取組内容についても、「立地奨励金の創設」は、「上映会を企画・実施する団体に対する支援制度の整備」に変更になるなど、映画館を復活させようという意気込みがトーンダウンしたようにも思える。
全国的にみると、複数のスクリーンを有するシネコンが主流になり、定員200人以下程度の規模のミニシアターは減少の一途であったが、近年は市民活動によりミニシアターを復活した地域もあり、市民活動や地域が主体の映画館は「コミュニティシネマ」とも呼ばれている。
映画館の復活について、以下、質問する。
1.市長は市内に映画館が一館も無い状況をどう捉えているか。
2.都市活力再生ビジョンに示されたロードマップには、平成24年度および平成25年度に、マーケティング調査および事業者の意向把握をするとしていたが、どのような結論が得られたか。
3.都市活力再生ビジョンにあった「施設誘致」という文言は、見直し案において「施設整備」と変更になったが、その理由は何か。
4.コミュニティシネマの設立を目標にして、映画の上映会や映画館の復活をテーマとした講演会を開催するなど活動している市民団体があるが、今後そうした団体との協働をどう考えているか。


市役所10階で傍聴できますし、インターネット中継もあるのでご覧ください。
ネット中継は、↓こちらからご覧になれます。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/page/fmervo000000w5d3.html
| 小池よしはる | 富士市議会 | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074450
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    青空園芸 (10/02)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    さてさて (09/06)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    HM (09/05)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/29)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    名無し (08/26)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    青空園芸 (08/19)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/15)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/10)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    さてさて (08/09)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/09)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事