フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
若い力で富士市を元気に!
決戦を前に。これまで「フジブログ」を読んでくださった皆さまへ。


このブログを書き始めたのは2005年、27歳の時でした。私はいま「37歳」です。

10年が経ちました…。10年っ!

この10年間、いろいろありました。本当に本当にいろいろなことがありました。10年前は富士市にUターンしたばかりで独身で無職でした。お金はないけど時間があったのでとりあえずブログを書き始めました。

その後、NPO法人を作り、富士山検定を立ち上げ、結婚し、新婚旅行はインドに行き、富士市民活動センターのセンター長になり長女が生まれ、富士市議会議員選挙に立候補し、当選し長男が生まれ、そんなこんなで今があります。子供は6歳と3歳になりました。今月、上の子は小学校に入学しました。下の子は幼稚園に入園しました。





紆余曲折ありましたが、一貫して変わらずにあったのが「生まれ育った富士市を元気にしたい」という想いです。そして、その想いを発信していたら沢山の人が私を助けてくれました。多くの方に支えて頂いて今の私があります。本当にありがたいことです。昨年「私がそれでも富士市に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!」というエントリにも書きましたが、私は富士市は本当に良いまちだと思っています。富士市に恩返しがしたいと思っています。

そんな富士市への愛を持って、私は市議会2期目の挑戦を決意しました。

私は初当選以来の4年間、全力で議会活動に取り組んできました。これは胸を張って言えます。

「37歳」というと一般的な会社では中堅に差し掛かる年齢かもしれませんが、富士市議会では「断トツ若い」んです。富士市議会の現在の年齢構成は↓こんな感じです。(2015年3月1日時点)

20歳代:0人
30歳代:1人(←小池よしはる)
40歳代:2人
50歳代:11人
60歳代:14人
70歳代:8人


ベテランの意見が必要ということは言うまでもありませんが、あくまで「バランス」として考えてください。市の部長職はみんな50歳代、町内会長はほとんど60歳代。市議会議員まで全員が50歳代・60歳代である必要はないと思います。富士市を元気なまちにするには、たった1人でも40歳以下で意見をいう議員が必要ではないか。私には、若い世代の意見やアイデア、子育て世代の声を市政に伝えていく責任がある。そう感じて二期目のチャレンジを決意しました。

私はこの年齢構成の議会で、「若い世代の代表として意見を言わなくてはいけない」という責任感を持って発言してきました。私が黙ってしまったらこの世代の意見は「なかったもの」として扱われてしまう…、それを恐れたからです。

誰よりもたくさん発言したと思います。例えば、市議会議員は年4回の定例会ごと一般質問(または代表質問)という機会を与えられます。毎回、半数強の議員が行いますが、私はこれまで16回の定例会のすべてで発言しています。16回の一般質問を行った議員は私を入れて5人です。

下記に、一般質問のタイトル一覧を示しますが、特に読んでいただきたいところにブログ記事のリンクを貼りました。その他のところは、富士市議会の会議録検索からご覧ください。

■2011(平成23)年6月議会
1.市民協働のさらなる推進について
2.情報システムの停電時の備えについて

■2011(平成23)年9月議会
1.地区名称の再検討について
2.夏休み期間中の児童預かりについて
3.放射能対策について

■2011(平成23)年11月議会
1.富士山の世界文化遺産登録に向けての施策について
2.うつ自殺予防対策富士モデル事業について

■2012(平成24)年2月議会
1.富士山おむすび計画の進捗及び今後の事業展開について
2.富士山の火山防災対策について
3.審議会等の委員の人選及び運営について

■2012(平成24)年6月議会
1.人口減少時代の到来を踏まえ、選ばれるまちであるためのシティプロモーション戦略について
2.再生可能エネルギーの固定価格買取制度のスタートを見据えた太陽光発電装置の積極的な導入について

■2012(平成24)年9月議会
1.浜岡原発の再稼働の是非を問う県民投票条例制定の直接請求を機に考える直接請求制度と住民投票条例について

■2012(平成24)年11月議会
1.若い世代の人口に着目した都市活力再生ビジョン(案)の最上位目標について

■2013(平成25)年2月議会
1.富士山の世界文化遺産登録に向けて、富士山を守り、学び、来訪客をもてなし、情報発信していく施策について

■2013(平成25)年6月議会
1.2040年の富士市の人口は21万1902人と、現在よりも4万人以上減少すると推計されたが、当市の都市経営は将来的にサスティナブル(持続可能)であるか。

■2013(平成26)年9月議会
1.市内大手製紙会社で相次ぐ、エネルギー事業強化の計画に対する期待と懸念

■2013(平成26)年11月議会
1.新富士駅と富士駅の接続のメリットと実現可能性について
2.富士宮市に建設が決まった(仮称)富士山世界遺産センターとの連携について

■2014(平成26)年2月議会
1.ごみのポイ捨て、路上喫煙、飼い犬猫のふん放置などの迷惑行為を防止するために、罰則等を定めた条例を制定することについて
2.富士市立図書館のサービスの質を向上させ、利用者数をふやすための改善策について

■2014(平成26)年6月議会
1.小長井市長の「子育て政策」の目標は何か
2.「子ども・子育て支援新制度」によって富士市の子育て環境はどう変わるか

■2014(平成26)年9月議会
1.市民が提出する各種申請書類の「押印」の必要性の検証と改善について
2.ふるさと納税制度の寄附金使途の設定で各地区まちづくり協議会を選べる仕組みを導入できないか

■2014(平成26)年11月議会
1.乳幼児のメディア漬け(テレビやスマートフォンなど電子映像メディアの長時間視聴)を防止する対策について
2.市内の映画館の復活に向けた取り組みについて

■2015(平成26)年2月議会
1.国の「地方創生」関連施策に対応した市の取り組みについて
2.将来的な小中学校の統廃合の可能性について


そして…。

私には、富士市民の皆様の審判を受けなければいけないことがあります。2012年9月議会で市長提案の岳南鉄道への補助金増額(年間2000万円→6500万円)を含む予算案に反対した、ということです。本会議で予算案に反対することは議員として非常に重い判断でした。その是非は、皆様にご判断頂きたいと思います。

私は、人口が減少していく中、公共施設を削減していくなどの施策が必要と思い提案してきました。私は引き続きその議論の先頭に立っていかなければいけないと思っています。

私のやりたいこと、書いていけばキリがありません。

演説会も開催しますし、選挙期間中は富士市内各地で街頭演説も行います。もし良かったら直接、私の話を聴きに来てください。



これからも、愛する富士市のために、一生懸命に働きたいと思います。


働かせてください。


どうぞ、よろしくお願いします。


■日々の活動は、個人facebookとfacebookページをご覧ください。
・小池よしはる
https://www.facebook.com/fujiblog
・富士市議会議員 小池 義治(こいけ よしはる)
https://www.facebook.com/yoshiharu77
| 小池よしはる | 富士市議会 | 00:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
お子さん、大きくなりましたね。

もっと富士市を若い人達で活気のある街に出来たら良いですね。

新東名が出来ても、素通りの街ってのを何とかして欲しいです。



| かぐや | 2015/04/17 2:26 PM |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074461
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    さてさて (09/06)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    HM (09/05)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/29)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    名無し (08/26)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    青空園芸 (08/19)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/15)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/10)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    さてさて (08/09)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/09)
  • 富士市の小中学校にエアコンを!
    はやぶさ (07/24)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事