フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
富士市民が骨髄バンクに登録するには
富士市民が骨髄バンクに登録するには(富士宮市民も同様です)、以下の2ステップです。


1.0545-65-2156(富士健康福祉センター医療健康課)に電話して採血する日を予約する
2.静岡県富士総合庁舎(富士市本市場441-1)1階に行って必要書類に記入し採血する


私は2年前の2月定例会(過去記事参照)で、骨髄バンク登録を推進するためにドナー助成制度を始めるべきという提案をしましたが、富士市役所はスピーディーに対応してくれました。平成29年3月8日の一般質問で取り上げて、その年の9月の補正予算でさっそく予算に計上されました。

富士市のドナー助成制度(富士市WEBサイトでの紹介ページ)では、骨髄提供するドナーに対して1日につき2万円、事業所に1日につき1万円、最大7日間の奨励金が支給されます。この制度の導入は、静岡県内35市町のうち、駿東郡清水町、富士宮市、静岡市を合わせた4市町で行われています。富士市では今年度、骨髄提供にあたってこの制度を利用された方が実際にいたそうです。どなたか名前を知ることもできませんが、心から感謝したいと思います。

この一般質問では、骨髄バンクのドナー登録の現状や課題などについて話したので、その時の議事録をお読み頂ければと思います。

◆小池義治
 お許しをいただきましたので、私はさきに通告してあります2項目を質問します。まず1項目めは、骨髄バンクのドナー登録の推進及びドナー助成制度の創設についてです。
 白血病などの血液疾患で造血幹細胞移植、骨髄移植や末梢血幹細胞移植などを必要としている患者に対し、血縁関係のない人から提供される骨髄液や末梢血幹細胞をあっせんする仕組みが骨髄バンクであり、公益財団法人日本骨髄バンクが中心となり、事業を行っています。
 ドナーの登録は、体重等の要件を満たす18歳から54歳の健康な人が可能であり、全国で約47万人が登録しています。提供時の体への負担等が考慮されて、満55歳の誕生日で自動的にドナー登録は取り消しになるため、1992年のドナー登録制度開始から四半世紀がたった現在では、この年齢制限による取り消し数が増加しており、ドナー登録者数の維持が課題となっています。ドナー登録者の中から患者と白血球の型、HLAが適合した人が候補者として選ばれ、その方が最終同意すると、骨髄液または末梢血幹細胞の採取が行われます。骨髄液は全身麻酔下で腰の骨から採取され、最低4日間の入院と数日の検査通院が必要となります。提供は善意に基づくものであるため、ドナーが仕事を休んで入院、通院しても休業等の補償はなく、ドナーと患者は互いを知ることはできず、面会も認められていません。当然患者が謝礼を渡すことはできず、匿名の手紙を1年以内に2回まで出すことが許されています。
 移植を必要とする患者の約96%にはHLA型が適合するドナー登録者が見つかりますが、ドナー側の仕事の都合や健康状態、転居先不明などから実際に移植に至るのは6割弱にとどまっています。移植ドナーへの助成は、国による制度はありませんが、独自に行っている市町村があり、県として取り組む埼玉県内の63市町村を初め、全国205の市町村が助成制度を設けています。静岡県内では駿東郡清水町が、ドナーに対し1日につき2万円、ドナーが勤務する事業所に対し1日につき1万円、いずれも通算7日を上限とする助成を行っています。ドナーの休業による経済的負担を軽減することは、移植率の向上につながることが期待されます。
 以下質問します。
 1つ目、骨髄バンク事業について、市はどのように取り組んでいるでしょうか。
 2つ目、当市においても骨髄バンクのドナー助成制度を創設できないでしょうか。

◎小長井市長
 小池議員の御質問にお答えいたします。
 初めに、骨髄バンクのドナー登録の推進及びドナー助成制度の創設についてのうち、骨髄バンク事業について市はどのように取り組んでいるかについてでありますが、骨髄バンク事業は、白血病等の血液難病に苦しむ患者の救済を目的に、ドナー登録者と患者間の骨髄や末梢血幹細胞提供の仲介を行うものであり、日本赤十字社及び都道府県等の協力を受け、公益財団法人日本骨髄バンクが事業主体となって運営されております。同バンクによりますと、本年1月末現在の骨髄バンク登録者数は約47万人に上り、善意に基づく多くのドナー登録者が集まっておりますが、国などの関係機関では、さらなる登録者の増加を目指して事業の普及啓発に努めております。
 本市におきましても、保健医療課及び福祉総務課でドナー登録のパンフレットを配架するとともに、登録を希望される方には受付窓口となっている静岡県富士健康福祉センターを御案内しております。本事業につきましては、善意に基づくドナー登録者と移植を希望する患者の橋渡しをして多くの命を救うものでありますので、市民の正しい知識と理解が深まるよう、今後、市ウエブサイトや広報紙などを活用し、骨髄バンク事業の周知に努めてまいります。
 次に、本市においても骨髄バンクのドナー助成制度を創設できないかについてでありますが、ドナーが骨髄等の提供を行う場合には、提供のための検査費用及び入院費などはかかりませんが、事前の健康診断や採取のため、7日間程度の通院及び入院が必要となります。公務員につきましては、特別休暇などにより骨髄等の提供時の支援制度が整備されておりますが、一般企業におきましては、こうした支援制度を設けている事業所は限られたものとなっております。
 こうした中、ドナー休暇のない提供者に対する支援策として、上限7日間で日額2万円程度を助成する制度を設ける自治体が全国的にもふえてきており、県内では平成25年度から清水町が開始し、新年度から富士宮市も同様の制度を開始するとのことであります。本制度につきましては、ドナー登録及び骨髄等の移植が全国で実施されていることから、企業におけるドナー休暇を促進するための方策や骨髄等の提供に係る休業補償に関し、国が主体となって取り組むことが望ましいのではないかと考えております。
 しかしながら、市内に住むドナー登録者が仕事や経済的な理由からちゅうちょすることなく骨髄を提供できる環境づくりを行うことも必要であると考えておりますので、本助成制度につきましては、導入を視野に検討してまいります。

◆小池義治
 御答弁いただきましたので、順に再質問していきたいと思います。
 まず、骨髄バンクのほうですけれども、ドナー助成制度について導入を視野に検討するというような回答をいただきました。非常にいい回答をいただいたというふうに思いますけれども、ドナー助成制度の意味等について、改めてお話しさせていただきたいと思います。これはすぐにでも導入してほしい制度だと思っています。
 私は、先々月、骨髄バンクに登録しました。平日のある日、お昼を挟んでちょっと時間があいたのでドナー登録をしようと思いまして、ネットで調べたところ、富士市、富士宮市の中では富士総合庁舎にある富士健康福祉センターで受け付けているということがわかりました。電話をしましたら、午後1時に来てくださいと言われまして行きましたら、担当者の方に個室に案内されまして、骨髄バンク制度の解説DVDを15分ほど見ました。そして不明な点を担当者とやりとりして採血して、約30分ほどで終了しました。この骨髄バンクに登録しようと思ったのはきっかけがあります。
 私の同志の青年地方議員であった名古屋市会の日比健太郎議員が、昨年の11月3日、急性白血病で亡くなりました。35歳という若さでした。日比さんは昨年3月に体調を崩して、5月に急性白血病と診断されました。そして入院しながら骨髄移植のドナーを探したところ、HLA型が適合する人が4人見つかりましたけれども、4人とも移植に至らなかったということです。その後、臍帯血移植を受けましたが、11月に亡くなりました。日比さんは、昨年6月17日に第1子となる子どもが産まれたばかりでした。我が子の成長をたった4カ月しか見ることができなかったこと、そして議員としてこれからというときにこの世を去ることになったということは、さぞかし無念だったろうというふうに思います。その日比健太郎議員が亡くなる前に政策提言をされていたのがドナー登録の推進やドナー助成制度の創設です。私は、今回その思いの一端を引き継ぐつもりで一般質問させていただきました。
 富士市としてドナー登録の推進の周知に努めるというような市長答弁でしたけれども、今後、ウエブサイトに掲載したり広報紙に掲載ということですけれども、これを市が主体となって何か予算をつけてやっていくということはございますでしょうか。

◎保健部長
 新年度の予算には全然反映されていないわけですけれども、今後、例えば若い方への啓発として啓発グッズのようなものをつけて、それを若い方が集まるイベントで配るというようなことはできるのではないかなというふうに考えております。それから、これまで啓発は県が主導的に行ってきておりますので、県と連携できるところはないか協議しながら、また新しいものを考えていければなというふうに考えております。

◆小池義治
 これはぜひ取り組んでいただきたいと思います。今、年間の新規登録者というのが減少傾向にあります。平成17年度から平成25年度までの9年連続して3万人以上が新規で登録していましたけれども、平成26年度、平成27年度は3万人を下回ってしまいました。制度開始から25年たちまして、これまでは新規が少なくてもコップに水をつぎ足すようにどんどんふえてきましたけれども、先ほど言いましたように、55歳で年齢制限で取り消しになりますから、これからどんどん取り消しの数がふえていきます。今、登録者で最も多いのが40歳代なので、この方たちが55歳の取り消しになったころには登録者数が恐らく減少してしまいまして、このままだと制度の維持ができなくなってしまいます。ぜひ県と連携しながらPRしてほしいと思います。
 そのPRするときにやはりドナー助成制度がないと、このPRは難しいと私は思います。なぜかといいますと、若い方に登録してもらっても、4日間の入院と、通院も含めると7日間仕事を休まなければいけないんです。そうしますと、若い人で非正規雇用の方なども増えている中で7日間仕事を休める環境にある人は少ないと思います。ですから、ドナーに登録して、ドナー休暇制度がきちんとあるという状況をつくっていかなければいけないと思います。
 私がドナー登録をしたということを言いましたけれども、私はことしで40歳ですから、年齢の取り消しまであと15年あります。HLA適合者がいたときょう連絡があるかもしれませんし、今後15年間ずっとないかもしれません。正直な今の私の気持ちを話しますと、半々の気持ちです。自分のHLA型が誰かと一致して、誰かの命を救うことができたら良いな、自分の人生の中で価値ある行いができるな、提供したいなという思いもありますけれども、一方で、15年間連絡がないなら、そういう人があらわれないならあらわれないほうがいいかもというような思いも抱いています。これは単純に手術が怖いからです。骨髄の提供というのは、骨髄は骨の中にあるスポンジ状の組織だそうですが、これを抜き出すには手術室でうつ伏せになって全身麻酔をします。腸骨というベルトの下あたりの腰の大きい骨に数十本の針が刺されて、400ミリリットルから1200ミリリットルの骨の中にある骨髄液が抜かれるそうです。これは1時間から3時間の手術、術後は7日程度痛むことがあり、まれに1カ月以上痛みが残った例もあるそうです。私ももしそのときが来たら決断できるのか、それは正直わからないです。もちろん、私は家族等には相談しますけれども、基本的には自分の気持ちで決断できる環境にあります。しかし、多くの人、特に若い人は自分の判断だけでは決められず、やはり職場の理解が必要になります。
 少しこのことを考えてみたいと思いますけれども、私は、今の議員という職にある場合は、議会の日程を外して入院と通院をすれば、7日間休んでも今の決まりの中では報酬が減額されるということはありません。しかし、派遣社員の方はどうでしょうか。派遣元と派遣先に対し休むことの同意をとらなければいけません。また、アルバイトで暮らしている方は、7日間のシフトを減らしてその分の手当を出してくれるという理解のある経営者ならいいのですが、そういう環境は少ないのではないかと思います。
 市の職員に関しましては特別休暇ということで、これは有給を消化しないで良いということだと思います。私は同僚議員を通じて、市内大手企業でドナー休暇のようなものがあるかと聞きましたけれども、無いということでした。自分の有給を消化して休まなければいけませんので、有給が残ってなければ休めないということになってしまいます。先ほど保健部長は若者に啓発していきたいというふうに言われましたけれども、やはり若者に啓発するためにはドナー助成制度がセットでなければいけないと思います。
 そして、このドナー助成制度ですけれども、予算で言うと大体幾らぐらいかかるというふうにお考えでしょうか。

◎保健部長
 助成制度をどのように設定するかにもよると思いますけれども、議員の御質問の中でも御紹介があったとおり、先進自治体の例に倣いますと、登録者御本人に1日2万円、それから就業先の企業に1万円ということで3万円、7日を限度としているところが多うございますので、大体21万円で、それが何人分かということになりまして、先日、骨髄バンクに問い合わせしましたところ、これまでに富士市での骨髄提供者の実績が24年間で25人ということでしたので、そんなに多くの予算は必要ないのかなというふうに考えております。

◆小池義治
 24年間で25人ということなので、年間1人ぐらいということでしょうか。私も富士市とか市ごとのデータがなかったもので、日本全体のものから計算してみましたけれども、年間1700例ぐらいあるということですので、富士市の人口比率で計算しますと1件か2件というようなことかなというふうに思います。その中でそれほど大きな予算ではないので、ぜひこれは実現していただきたいと思います。
 毎年平均して1件ないしは2件、富士市内で骨髄バンクのドナーになって手術されている方がいらっしゃるというのは、改めてすごいことだなというふうに思います。この骨髄バンクで提供者になる方というのは、本当に尊い行いをされているし、すばらしい人格を持たれている方だなと思います。まさに私たちのまちのヒーローだと思います。痛い思いをして骨髄を提供しても、新聞に名前が載ることはありません。ロゼシアターの壇上で市長から表彰されることもありません。1円ももらうことなく仕事を休んで、名前も顔も知らないどこかの誰かのために恐怖を押し殺して、静かに手術台にうつ伏せに横たわります。そして、手術後の麻酔がとれた後の痛みに耐えなければいけません。私は本物のヒーローだと思います。このヒーローのために仕事を休みやすい環境をつくるために休業補償分として行政が助成する、これは絶対に必要なことだなと思います。
 事業所と本人を合わせて1人3万円、最大7日間として21万円、26万人の市民1人当たりにしますと1円に満たないほどの金額でこれは実現できます。私たちの本物のヒーローに、1円払うことに反対する富士市民はいないと思います。いつ自分が、自分の家族が白血病になるかわかりません。ですから、ぜひこの制度を導入していただきたいと思います。導入に向けて検討するということでしたので、これは期待して今後見守りたいと思います。
| 小池よしはる | 富士市議会 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074523
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
コメントありがとうございます
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(41歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住


2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事