フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
3月7日(木)14時頃から一般質問します
私の市議会2期目の任期も残りわずかとなりました。
年に4回ある定例会の一般質問、今回も発言通告をしていて、これで8年間で32回の登壇機会すべてとなる32回目の質問です。3月7日(木)の14時頃からです。

他の議員のものも含め発言通告書は、こちらからPDFで見ることができます。
1項目目では成人年齢改正後の成人式対象者について、2項目目ではインフルエンザ対策ついて、3項目目で総合計画の施策指標(KPI)について取り上げます。

KPIというのは、「key performance indicator」の略で、市の施策の成果を計る中間指標のことです。行政の施策は、売上や利益といった概念がありませんから、このKPIを正しく設定して、これをしっかり達成していくことが必要です。しかしながら、このKPIの設定の仕方がそもそも不十分ではないかというのが、私の問題意識です。

「総合計画」という10年ごとに作る富士市の各種計画の最上位にあたる計画があります。(第5次富士市総合計画後期基本計画
これには数十個の施策が掲げられていますが、例えば交通安全。シンプルに考えて、富士市の交通安全の目標(指標)は、富士市内の交通事故発生件数を減らすとか、交通死亡事故を減らすとかだと思うんですが、そうなっていないんです。
富士市の総合計画で、交通安全の代表的な施策指標(KPI)に掲げられているのは、「交通安全運動参加者数」です。交通安全運動というのは年に4回、市役所前にノボリを持って立ったりするあれです。しかも、この参加者数は増えていないし増やそうともしていないんです。そういうものが「代表的な施策指標」なのは、はっきり言って謎です。




他にも、スポーツ推進のKPIは、スポーツをやる人を増やす、ではなくて「年に1日だけの富士市民エンジョイスポーツデーの参加者数」であったり、中心市街地のにぎわいづくりのKPIは、まちなかの通行者数を増やす、ではなくて、「あなたも商店主支援事業で富士商店街と吉原商店街に1年に1店舗ずつ支援すること」になっています。そういうものが富士市の最上位計画である総合計画のKPIになっています。成果(アウトカム)ではなくて、やること(アウトプット)・やれることだけを目標としている感があります。

次の総合計画となる第6次総合計画は2019年度に策定して、2020年度から2030年度までが目標年度。
第6次総合計画には、市民の「2030年の理想の富士市」が描かれ、そこまでのロードマップが示されるべきです。
まずは、ここから。このKPIをしっかりと設定することを求めていきたいと思います。





富士市議会一般質問は、市役所10階でどなたでも傍聴することができます。 ぜひご注目ください。
| 小池よしはる | 富士市議会 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/1074524
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
コメントありがとうございます
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(41歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住


2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事