フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
日本製紙が三島製紙を完全子会社化
日経新聞記事より。
日本製紙グループ本社は製紙業界第10位の三島製紙を2008年2月に完全子会社化する。たばこ用紙や辞書用紙などの特殊紙部門を三島製紙に集約する。主力の印刷用紙などでは不採算の国内生産拠点を3カ所閉鎖する。板紙部門の合理化に続き、印刷用紙や特殊紙などの紙部門でも生産体制を見直し、原燃料価格の高騰に対応しながら収益力の回復を目指す。

富士市原田に主な工場がある三島製紙ですが、日本製紙の完全子会社になり、社名も変更予定だそうです。株価はストップ高になってました。(ヤフファイ

子会社化の方法は株式交換で、株式時価総額で約60倍の開きがある(日本製紙3890億円:三島製紙66億)ので日本製紙にとっては余裕なところですが、ところで数年前に三島製紙と統合した大竹紙業に関して公正取引委員会から指摘を受けたりなんて事情はどーなってるんでしょうか?よく知らんけど。

あと、日本製紙からグループ会社の再編も発表されていて、富士市吉永の板紙工場は「日本大昭和板紙吉永株式会社」という独立した会社でしたが、「日本大昭和板紙株式会社」に統合されたりするそうです。(日本製紙プレスリリースPDF

日本の製紙業界は2強体制に着々と進んでいて寡占化が心配されますが、王子製紙も日本製紙も世界の製紙業界の中で見たら8位とか9位とかなんで(製紙業 - Wikipedia)、国際競争力という点からみれば必然的な方向性なのかなー、と思ったり。
| 小池よしはる | フジサンロクbusiness-i. | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/722417
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 無理だし危険な「コンパクトシティ」より、目指すべきは「コンパクト市役所」では
    パリストン (05/31)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    与太郎 (04/21)
  • 富士まつりのディズニーパレード、市民の負担は「960万円」の警備費
    与太郎 (04/12)
  • 588万円の公費をかけた富士市のフェイスブックページが終了
    bird (03/27)
  • 588万円の公費をかけた富士市のフェイスブックページが終了
    富士市民 (03/27)
  • なぜ富士市長選挙は、いつも年末にやるのか?
    小池よしはる (01/10)
  • なぜ富士市長選挙は、いつも年末にやるのか?
    林 (12/25)
  • 海抜ゼロメートルから富士山の山頂まで、「富士山登山ルート3776」を使って登ってきました
    みゅう (08/02)
  • 静岡県は全国で2番目か3番目に雪が降らない
    名無し (06/02)
  • 私の一般質問は6月24日(金)の午後の2番目
    mochiduki kazunaga (05/04)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事