フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
中央州!?
日経新聞記事より
 山梨経済同友会は30日、山梨県が道州制を考える上での論点などをまとめた提言書を横内正明知事に提出した。山梨が道州制の流れから取り残される可能性などを検証し、長野・静岡県と「中央州」を組む独自案も盛り込んだ。同友会は「道州制についての県民議論を促す起爆剤にしたい」としている。
 国の地方制度調査会で山梨は、東京都や神奈川県などと南関東州に入る区割りが示されている。ただ、東京が独立する可能性や山梨以外の都県は首都圏サミットで連携が強いことなどから、提案書は山梨が排除されかねないと指摘。従来の県域を越えた市町村の組み合わせを国が進める可能性もあるとした。
 同友会は様々なシナリオの利点と欠点、対策などを検討する必要があると強調。その一環で、富士山を中心にした山岳県として長野、静岡と自然を生かした観光などで結び付く案を打ち出した。

「日本地図ぬりぬり」というサイト(←超便利)で、塗ってみました。

道州制の区割りについては、フジブログでも過去に何回か書いてて、特に『富士は「東海」でいいのか!』というエントリに地図を載せてあるので参照してほしいんですが、道州制に移行した時に「東海州」に組み入れられるのだけは勘弁してほしいと思ってるワケです。

そこで「富士州」はどうだろうか、なんて書いたんですけど、さて、この「中央州」は、……微妙。さすが山梨県民は「頭が武田信玄!」と思うんですが、州都は甲府か韮崎あたりでしょうか。関東にも中京にも北陸にも入れなかった県の寄せ集めという気もしますし、さすがに山が多すぎて地域的一体感が薄い気がします。けど「観光」でキャラが立つという点では良いかな。「東海州」よりは良いんじゃないかと。
| 小池よしはる | 富士地区・市町村合併 | 16:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
これじゃあ、武田州か風林火山州じゃねえか!
| てらぽん | 2007/12/08 8:48 AM |
すごいいい案だとおもいますけど・・・
州都を山梨県にもってくるのはさすがに無理でしょう。州都は海を持つ静岡ですね。
静岡も関東でも東海でも排除されかねない存在。せっかく政令市になったんだし、できれば先行する札仙広福に追い付きたいと思ってるでしょうから、山梨の接近をむしろ歓迎してくれるんじゃないでしょうか。
問題は長野をどうやって引き込むかですね。
| | 2010/03/24 9:38 AM |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/735647
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    青空園芸 (10/02)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    さてさて (09/06)
  • 中核市移行その前に…、富士市の現状は良いのか悪いのかという大問題
    HM (09/05)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/29)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    名無し (08/26)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    青空園芸 (08/19)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/15)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    小池よしはる (08/10)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    さてさて (08/09)
  • 富士市の中核市移行、私は(現時点では)反対です
    Hide@Yozakura (08/09)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事