フジブログ!!

富士市議会議員・小池よしはるのブログ
産婦人科医に「ありがとう」を!
昨日、ロゼシアターで開催された「富士医療シンポジウム」を聴いてきました。
現役の産科医からの意見が聞けて、産科をめぐる現状を知る上で、分かり易くて良いシンポジウムでした。

鈴木尚市長の基調講演の後、次の4名の方の意見発表。
・産婦人科を守る会会長の細木久美さん
・望月産婦人科医院委員長の吉川充さん
・中央病院産婦人科部長の窪田尚弘さん
・富士健康福祉センター所長の鈴木輝康さん

■ありがとうメッセージについて

昨年、中央病院の産婦人科の維持を求め13万6762人もの署名を集める活動をした「産婦人科を守る会」ですが(過去記事参照)、いま取り組んでいるのが、「産婦人科医にありがとうメッセージを送ろう」という企画。

これは、分娩を担当した産科医の先生にちゃんと「ありがとうございました」って言える機会ってあまり無いよねー、ということで、「ありがとうメッセージ」を集めて(富士地区の)産科医に贈るそうです。メッセージには、産科医の先生が思い出せるように、母子または家族の写真を付けます。

去年の富士市議会で産科開業に1億円の助成が決まったりと、「お金」の面での支援策はできてきましたが、それだけで産科の先生が富士に来て残ってくれるのかな、もっと「気持ち」の面で「医師」と「市民」が歩み寄る必要があるのでは?、ということで始めたそうです。実際、シンポジウム終了後に、会場に来ていた産婦人科医の先生とお話もしましたが、「こういうの励みになります」と言っていました。


3月末まで、富士市フィランセや富士宮市保健センターで、用紙の配布や回収を「産婦人科を守る会」のメンバーが行っています。チラシを見つけたら、メッセージを是非。僕んちも書きます!

日程などの詳しい情報は↓のブログで。
http://ameblo.jp/save-sanfujinka/

産婦人科を守る会は、3月5日号の「広報ふじ」の第8面でもとりあげられています。(PDFで表示
(ちなみに第9面は、わたくしのインタビュー入りの「コミュニティf」特集!)


■産科をめぐる現状

シンポジウムでは、開業医・勤務医、それぞれのお立場で産科の現状をお話してくれました。メモったところ全部書こうと思ったんだけど、かなり長くなるし、しんどいので、3名の講演の内容+自分の意見を、ごちゃまぜにして、端折って端折ってほんの少しだけ。

↓分娩数は減ってるんだけど、それ以上の勢いで産科医は減ってる。ほんとやばい状況。


↓産科医師の女性の割合が増えてきる。30代で5割。20代だと、なんと7割が女性医師。

女性の産科医をもてはやす風潮もあって、男性で産科医を目指す人が少なくなった。
→女性医師は、医師自身がお産・子育てで休むことが多くて、研修開始後10年〜15年の勤務率は50%程度。
→医師不足がさらに拍車。これから、もっと大変なことになる。


富士地区は、人口あたりの勤務産科医の数が、現状ですでに県内で最も少ない。
→これで、中央病院の産婦人科がなくなってたらエラいことになってた((((;゜Д゜)))

・分娩による妊婦の死亡や新生児死亡率は、年々下がってきてるし、世界トップレベルの医療。
→しかし、事故が「まれ」であるが故に、すぐに医療過誤ということになる。
→過去にはマスコミの(産科医に対する)バッシングもあった。
→産科医はリスクが訴訟のリスクが高い。

産科医は、めっちゃ忙しい。24時間365日体制。
→家族と泊りがけの旅行にもいけない。
→労働条件悪くて、スタッフ確保も大変。
→産科医は、ハイリスク・ローリターンの仕事になってしまった。
→開業産科も激減中。



■今後の富士市立中央病院

さて、富士市立中央病院の産婦人科についておさらいすると、現在の慈恵医大からの医師4名のうち3名が今年3月末で中央病院からいなくなってしまいます。その替わりに、浜松医大から3名の派遣を受けることが決まっています。

そして、昨日のシンポジウムで発表されたのは、今年の秋までに、浜松医大から男性医師がもう1人派遣され5名体制になる可能性が高いそうです。これは良いニュース!

医師不足の問題は、産科だけでなく他の科においても、随分と深刻です。例えば、国政選挙・地方選挙でもっとスポットライトをあてて、医療問題をちゃんと考えてる政治家を選ぶ必要があると思います。

産婦人科の仕事は、過酷で大変な仕事だなーと改めて思いました。産婦人科の先生方、いつも本当にありがとうございます。
| 小池よしはる | 富士市立中央病院の問題 | 01:30 | comments(5) | trackbacks(0) |
先日、よしはろ君にメールしましたが、読んでくれた?清水厚生病院の産婦人科医の先生が、そちらに行く事になってますから、多分、庵原郡側の妊婦さんたちが、行くと思います。私自身が、その2人の先生に入院中にお世話になってますので、信頼出来ますよ。
| ayunosuke | 2009/03/07 11:43 PM |
先生達本当にお疲れ様です!
未来の子供達の為にねらないようにして
働いてくれてほんと感謝です><。
| myuily | 2009/06/09 10:00 PM |
私は、産婦人科医を目指す中学1年生です。産婦人科は労働条件が過酷な上、訴訟率が高いとお聞きしておりますが、私は産婦人科医になりたいです!!
そこで、お聞きしたいことがあるのですが、私は体が弱く、よく風邪をひきます。貧血で倒れたこともあります。こんな私でも産婦人科医になれますか?また、私自身、子供が好きなので、大人になったら、出産したいと思っています。
産婦人科医になっても、子育てはできるのでしょうか?
お答えいただければ、恐縮です。
最後になりましたが、いつもお疲れ様です。
産婦人科医は現在、不足していますが、私のように産婦人科医という道を選ぶ人が増えてくることを願っています。
| あや☆ | 2010/01/12 11:27 PM |
>あや☆さん

産婦人科医になりたいという夢、素晴らしいと思います。
身体が弱くても医者になれますし、出産・子育てもできます(というか、職業によって出産・子育てができないようなことがあってはならないし、もしそうであるなら社会を変えていかなくてはなりません)

頑張ってください!
| 小池よしはる | 2010/01/13 6:29 PM |
小池よしはるさん、ありがとうございます!!
勇気がでました!!私は、勉強を頑張って、絶対に絶対に産婦人科医になります!!
| あや☆ | 2010/01/13 8:20 PM |









http://orz.fujiblog.jp/trackback/881679
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
コメントありがとうございます
  • 無理だし危険な「コンパクトシティ」より、目指すべきは「コンパクト市役所」では
    パリストン (05/31)
  • すでに3億円以上を支出している「若い人が富士市に家を建てて引っ越してきたらカネをあげるよ」という小長井市長の施策は、まちの活性化に繋がっているか
    与太郎 (04/21)
  • 富士まつりのディズニーパレード、市民の負担は「960万円」の警備費
    与太郎 (04/12)
  • 588万円の公費をかけた富士市のフェイスブックページが終了
    bird (03/27)
  • 588万円の公費をかけた富士市のフェイスブックページが終了
    富士市民 (03/27)
  • なぜ富士市長選挙は、いつも年末にやるのか?
    小池よしはる (01/10)
  • なぜ富士市長選挙は、いつも年末にやるのか?
    林 (12/25)
  • 海抜ゼロメートルから富士山の山頂まで、「富士山登山ルート3776」を使って登ってきました
    みゅう (08/02)
  • 静岡県は全国で2番目か3番目に雪が降らない
    名無し (06/02)
  • 私の一般質問は6月24日(金)の午後の2番目
    mochiduki kazunaga (05/04)
小池よしはる(小池義治)

富士市議会議員(2期目)
会派・民主連合

1977年9月22日生まれ(40歳)
富士市青葉町(富士北地区=富士中央小学区)在住

・2011年4月 富士市議選
3072票をいただき初当選
(44人立候補中 5位)

・2015年4月 富士市議選
3555票をいただき2回目の当選
(39人立候補中 1位)

2人の子どもを子育て中

吉原小学校 → 吉原第一中学校 → 富士高校 → 早稲田大学商学部(中退)

NPO法人富士山検定協会 代表理事
元・富士市民活動センター センター長

ご連絡は、
fujiblog(あっとまーく)gmail.comまで。

facebookは、こちら。


最新の記事


過去の記事